お役立ち

事業計画書作成にあたって必要な分析

事業計画書を作成するにあたっては、「自分(自社)」、「お客さま(顧客)」、「ライバル(競合相手)」のことをよく知ることが非常に重要です。そこで、さまざまな面の分析を行い、その結果を踏まえて事業計画書を作成することにより実現可能なものとなります。ここでは、事業計画書を作成にあたり必要な分析事項のうち主なものを紹介します。

  • 事業環境分析
    • 経済環境分析…これから参入しようとしている業界を取り巻く経済環境はどう推移していくか予測します。
    • 社会環境分析…消費者構造の変化、購買行動の変化を予測します。
    • 業界環境分析…参入しようとしている業界は今後どのような構造の変化がみられるか予測します。
    • 技術環境分析…技術の進展の度合い、今後脅威となる新技術の発見可能性を予測します。
  • 顧客分析…ユーザーのニーズ、動向を分析します。顧客の購買行動を理解することが大切です。
  • 競合分析
    • 市場の競争状況…参入企業数、参入数の変動、市場シェア、参入企業のバックグラウンドを調査します。
    • 競合と自社との比較…競合他社と自社の状況を分析し、相対的な自社の強み・弱みを調査します。
  • 自社分析
    • SWOT分析…自社の強み・弱み、自社にとっての機会・脅威について分析します。
    • 7S分析…戦略、組織、システム、スキル、人材、スタイル、共通価値について分析します。
  • 事業達成分析
    • 感度分析…売上計画において、想定上ワーストの売上だった場合のキャッシュフローから事業達成の可能性を予測します。
    • 損益分岐点分析…事業計画において損益分岐点売上高を算出し、安全余裕率から事業達成の可能性を予測します。

 

事業計画書作成のご依頼・ご相談は、

行政書士桐生恒事務所まで

TEL 0467-67-6291

メール info@kiryuuoffice.com

事業計画書作成   2014/10/27   hisashikiryu