お役立ち

産業廃棄物処理業が許可される要件

産業廃棄物処理業の許可を受けるには申請者が「知識」、「技能」、「経理的基礎」を有することが要件となります。
ここでいう「経理的基礎」がない状態とは、申請者が以下の例のような状況である場合を指します。

  • 金銭債務の支払ができない
  • 債務弁済が困難である
  • 法人の場合、債務超過状態である
  • 民事再生法、会社更生法の手続が開始されている
  • 中間処理業者の場合、未処理廃棄物の処理費用がない
  • 最終処分業者の場合、埋立後の施設維持費用がない

 

産業廃棄物処理業許可に係る経営診断書作成のご依頼・ご相談は、

行政書士桐生恒事務所まで

TEL 0467-67-6291

メール info@kiryuuoffice.com

産廃診断書作成   2014/10/29   hisashikiryu